国際沖縄少林流聖武館は昭和27年設立。
初代館長(故)島袋善良範士により現在の沖縄県中頭郡北谷町に
『少林流聖武館』を創設。

喜屋武長徳先生より伝授された七つの型と
徳嶺の棍に加えワンチンの型を島袋善良範士が考案。
喜屋武本流の七つの型を基本にして
一挙動の技の巧みに組み込まれた
独自の型が完成。